一生大事に使える

婚約指輪はプロポーズの時に男性から女性に贈られるものです。男性にとってはプレゼントの中でも高価なものにあたり、受け取ってくれたら結婚をしてくれるという意味合いもある為、特別なものです。
人によってプロポーズから結婚式までの期間は異なり、できちゃった結婚の人の場合は早ければ3か月程度の期間しか身に付けないものになってしまうと考えて、辞めてしまう人もいます。しかし婚約指輪は結婚するまでの間だけでは無く、結婚後にも大事に使用する事ができます。

結婚後に子供が授かった場合、子供のお祝いごとに出席する事が増えます。そういった祝い事で華やかに着飾りたい時などに婚約指輪を身に付ける人も多いです。
また同窓会の時や結婚記念日などの普段とは違った一日を迎えたいという時にも婚約指輪を身に付けたらよりいい思い出になるでしょう。

ただし婚約指輪は華やかで身に付けにくいと感じる人もいます。最近では婚約指輪と結婚指輪が一体化するようなデザインで作られているものが増えています。
結婚指輪と重ね付けがしやすく、一緒に身に付けた時に美しく見えるようにあらかじめデザインされています。そのため結婚してからも使用できる思い出の指輪として婚約指輪を大事にすることができます。

男避けの効果

男性にとってプロポーズは一生に一度の緊張の時です。この日に気持ちを伝えようと何ヶ月も前から決め、その日に向けていろんな準備をしています。
中でも婚約指輪はサプライズで渡したいから一人で見に行くという男性も多いです。大事な人の事を思い、どのようなデザインにするのか悩みながら選んでいきます。人によってはフルオーダーする人もいれば、ダイヤのルースを選びデザインを決める人もいます。
いろんな思いを抱えながら選んだ婚約指輪は当日まで本当に受け取ってもらえるのか不安な気持ちでします。

そしてプロポーズをして相手に受け取ってもらった瞬間は、何よりも安心し幸せの瞬間だといえるでしょう。そんな婚約指輪は結婚当日まで左手の薬指に身に付けています。普段からアクセサリーをしない女性でもする女性でも、婚約指輪の存在感は他のジュエリーとはやはり異なります。そのため周囲から見ても、女性には近いうちに結婚をする相手がいる人だという事は十分伝わります。

二人の身時間人はもちろんのこと、初めて彼女と知り合う人でも婚約指輪をしているだけで、他の男性が近づかないようにする効果は充分あります。そのため男性にとっては女性が大事に婚約指輪を身に付けていることは安心感や幸せだと感じられるときではないでしょうか。

結婚まで幸せに

結婚を決意する一番の決め手はプロポーズを受けた時ではないでしょうか。その時に男性からプレゼントされるのが婚約指輪です。
交際中にも様々なプレゼントを渡す機会があります。なかでも婚約指輪は値段も高価で、渡す事に対して大きな意味があります。
人によって考え方や状況も異なる為、今は全員の人が婚約指輪を贈る時代ではなくなっています。ただし実際に受け取った女性と受け取らない女性の気持ちの問題は大きく異なります。

受け取った女性は結婚式までの間に、常に大事なものとして身に付けている人が多いです。婚約指輪はある程度の大きさのダイヤモンドを送る事が多く、左手の薬指にはめているととても存在感があります。そのため、同性から婚約指輪をしている事に気付かれることが多いです。プロポーズを受けた幸せを周りの人に報告する一つのきっかけにもなります。

また手は常に動かしていることが多く、婚約指輪が視線に入る事が多いです。そのためプロポーズをされたという実感やこれから結婚をするという幸せを常に感じる事ができます。また男性にとっても大事な女性が婚約指輪を身に付けてくれる事で、他の男性からのアプローチを受ける事も減り、安心して結婚式を迎えることができます。

婚約指輪と女性の心

結婚は女性にとって大きな人生の転機です。独身の時とは異なり、結婚を機に家庭に入る人もいれば、子供が生まれる時に育児に専念する人もいます。
結婚をするという事は新しい家族ができ、生活を守っていく立場になります。そのため結婚に対して強いあこがれや希望を持っている女性も多いでしょう。特に交際中の時は、結婚をしたいという相手からプロポーズを受けたいという意識が高まります。そしてプロポーズと同時に渡される婚約指輪をはめるのが憧れという女性も多いです。

しかしこの不景気の影響もあり、今プロポーズの際に婚約指輪を渡さない人も増えています。
経済的な負担もあれば、女性から婚約指輪はいらないからと言われてしまう場合もあります。それだけ婚約指輪に対して考え方が変わりつつある時代になっています。

長い結婚生活の中で、結婚後は子供や家族を優先する事が増え、女性が自分のためにお金を使う事が減ってしまいます。特に高価な宝飾品は購入する機会が一気に減ってしまいます。少しいつもと違って華やかに着飾りたいと思った時に、何も身に付けるものが無かったらさみしいと感じてしまうでしょう。
婚約指輪は結婚後にも使用する機会もあり、結婚まで身に付けるだけの物ではありません。そして結婚後も婚約指輪をはめる事で、プロポーズを受けた頃の気持ちをまた思い出すきっかけになるでしょう。また男性にとっても高価なプレゼントなのでいつまでも大事にしてくれていたら喜んでもらえるのではないでしょうか。